窓際の熱さ対策で快適に夏を過ごせるようにしよう

暑さ対策におすすめのシート

隙間を残して貼ること

遮熱や断熱効果があるアルミシートがあるので、それを窓の外側に貼ってください。
銀色で光るため、見た目が気に入らないかもしれませんが、そのような場合は特に夏の暑さが気になる時期にだけ取り付けるのがおすすめです。
日差しが弱くなってきたら、すぐに取り外しましょう。
そこで簡単に剥がせる、養生テープを使って窓ガラスにアルミシートを貼ってください。

テープで簡単に貼れて、手軽というのもアルミシートのメリットです。
アルミシートは光を通さない素材で、透明ではありません。
そのため窓の前面にアルミシートを貼ると、室内に全く太陽の光が入らず、昼間でも暗いと感じるかもしれません。
室内の明るさを維持したい時は、窓の下部分に隙間を残して貼りましょう。

緩衝材シートを使おう

荷物を送る時に、中身が傷つかないよう緩衝材を使うと思います。
中には遮熱効果を持った緩衝材シートもあるので、それを暑さ対策に使ってください。
窓の外側に貼る時は、水を窓に吹きかけるだけでくっつく緩衝材シートが存在します。
そのシートなら手軽に貼れますし、剥がす時も手間が掛からないので楽ですね。

このような方法を活用すれば、日差しが強くなる時期でも快適に室内で暮らせます。
室内の温度が高くなると、それに伴って冷房をたくさん使わなければいけません。
電気代が高くなってしまうので、まずは他の方法で暑さ対策ができないか考えましょう。
いくつかの方法を組み合わせると室内がかなり涼しくなって、冷房が必要なくなるかもしれません。


TOP