暑くなる前にオススメの窓際暑さ対策とは?

窓際の熱さ対策で快適に夏を過ごせるようにしよう

光を遮る方法とは

カーテンやすだれを窓に取り付けることで、太陽の光が室内に入ってくることを防ぎます。
日差しが強い時期だと室内の温度がどんどん高くなり、快適に暮らせなくなるので対策を考えていきましょう。
ただ暑さ対策にカーテンを使うのであれば、遮光機能があることを確認しましょう。
しっかりすだれを取り付けないと落ちたり、強風が吹いた時に飛ばされたりするリスクがあるので注意してください。

ホームセンターに行くと、断熱フィルムというものが売られています。
それを窓に貼るだけで、太陽の光が室内に侵入することを防げます。
断熱フィルムの中にはマジックミラーのようになり、外から室内が見えなくなったり、紫外線を除去したりする効果がある断熱フィルムもあります。
気泡が入ったりと綺麗に貼るのが難しいので、ゆっくり丁寧に作業を進めてください。
窓と断熱フィルムの間に気泡が入ると見栄えが悪く、正しい効果を発揮できなくなってしまいます。

手軽な方法だと、アルミシートを窓に貼るのがおすすめです。
この時は剥がれにくい、養生テープを使うと良いでしょう。
アルミシートはご存じの通り透明ではないので、窓全面に貼ると室内に全く太陽の光が入らず、暗くなるデメリットがあることを忘れないでください。
精密機械などを運ぶ時に緩衝材として使われるシートも、実は窓際の暑さ対策に使えます。
こちらもアルミシートと同じように、外側の窓に貼って使ってください。
今は水で濡らすだけで、簡単に貼り付けられるシートが販売されています。

早い段階で暑さ対策を施そう

多くの人が利用しているのは、窓にカーテンやすだれを取り付ける方法です。 気軽に入手できるので、太陽の光が気になる人は買いに行きましょう。 カーテンやすだれを選ぶコツは、窓のサイズにしっかりと合わせることです。 またすだれは、飛ばされないように気を付けましょう。

断熱効果があるフィルム

窓ガラスに断熱フィルムを貼ると、室内の温度が上がることを回避できます。 断熱フィルムはホームセンターなどで売られており、手っ取り早く入手できる面から好まれています。 しかし窓ガラスに断熱フィルムを貼る作業は簡単ではないので、焦らないで作業に取り組みましょう。

暑さ対策におすすめのシート

アルミシートや、荷物を梱包する際に使う緩衝材のシートを窓に貼る方法もあります。 安価で購入しやすい面がメリットなので、夏の暑さに悩んでいる人は使ってみましょう。 アルミシートは室内が暗くなってしまうデメリットがありますが、少し工夫するだけで改善できます。

おすすめリンク

お祝いにあげたい胡蝶蘭とは

大きなものだけではありません。コンパクトでお祝いやギフトにも最適な胡蝶蘭の魅力に迫ります。

TOP